大使挨拶

2020/1/26
駐マダガスカル日本国大使 樋口 義広
駐マダガスカル大使として着任しました樋口義広(ひぐち よしひろ)です。駐コモロ大使を兼任しています。

マダガスカルは、豊富な天然資源とユニークな生態系に恵まれたたいへん魅力的な国です。同時に最貧国の一つであり、経済・社会開発が最優先課題になっています。

日本から直線距離で1万1千キロ以上も離れた遠い国ですが、マダガスカルに「一度は行ってみたい」と考えている日本人は少なくありません。これまで両国間では友好的な関係が築かれてきていますが、今後関係をさらに強化する余地は大きく、大使館としてもヒト・モノ・情報の3つのレベルで両国間の交流を積極的に促進して参ります。

昨年8月には,横浜でアフリカ開発会議(TICAD7)が開催され,マダガスカルからはラジョリナ大統領が,コモロからはアザリ大統領がそれぞれ出席され、安倍総理と首脳会談が行われました。こうした政治レベルの交流を弾みに、両国と我が国の幅広い交流・関係強化に努めて参ります。

本年は,いよいよ,東京で,オリンピック・パラリンピックが開催されます。また,第14回国連犯罪防止刑事司法会議や東京栄養サミット2020といった日本での国際的な機会を通じて,マダガスカル及びコモロと我が国との交流が市民レベルを含めて一層拡大することを期待しています。

当館は日本企業の海外展開を積極的に支援して参ります。また,在留邦人及び旅行者の皆様の安全確保のために引き続き全力で取り組んで参ります。ご相談等がございましたら,お気軽にご連絡ください。

今後とも,マダガスカル及びコモロの発展と我が国と両国との関係の強化に寄与していきたいと考えておりますので,皆様のご支援とご協力を賜りますよう,どうぞ宜しくお願いいたします。

                                  
駐マダガスカル日本国大使
樋口 義広